残り物で作ったジャムからお菓子作りに目覚めたかも?

健康ブームに乗り、両親が数年前から野菜ジュースを作っているのですが、時折リンゴが大量に余ってしまうときがあります。
そんなときは食後のデザートとして食卓に出ます。
食べられるときは問題ないのですが、たまに食べるには古いけど捨てるには勿体ないというときがあります。
そんなときに編み出した攻略方法が、『余ったリンゴでジャムを作ってしまおう!』でした。
ジャムを作ったことはなかったのですが、なんとなくイメージとして砂糖を入れて煮込めばジャムになるだろうと思い作った結果、成功しました。
スーパーに売っているような美味しさではありませんでしたが、素朴な感じの甘さになりました。
作って思ってのは意外と簡単に作れるものなのだなということです。
今回は試しに作ったので、あっという間に食べ終わってしまいました。
次に作る機会があったときには市販されているパイ生地や餃子の皮で包んでみたいと思っています。
想像通りなら、なんちゃってアップルパイになるのではないかと今から期待しております。