今ビッグイベントのダークホースながら輝かしく散ったウェールズ筆頭

1958年代に開催された1958年代のワールドカップ、スウェーデンビッグイベント以来、思い切り58年代振りと陥るインターナショナルビッグイベントの出席となったウェールズ代表、こういうグループが今ビッグイベント一際ショックを記したグループと言っても過言ではありません。
イングランド代表には敗れたものの、種類リーグを2勝1敗のまっすぐ首位経由、更に準々決勝のベルギー戦、優勝代替で買い得と言われていた相手に堂々と自分達のサッカーを展開し、3対1というスコアで勝利したのは最大のヤマとなったと思います。
業界最高のプレイヤーのセルフと視線なるベイルと共にグループを支え、1ポイント4立て直しの活躍を見せていたラムジーの出席免除もあってかポルトガル代表との準決勝では活躍むなしく2対1で敗れてしまいましたが、敗色濃厚となったコンペ終了間際までさほど諦めず、ひたすらポイントを狙ったベイルの出で立ちが感想に残りました。
この大会、毎コンペ有難いコンペを展開したウェールズ代表こそ誇らしい弱者であると思います。
次は60年代振りとのぼる次回のワールドカップでその晴れ姿を見てみたいものです。http://www.kvmc.co/